入院生活

私の地獄の入院生活は2009年7月24日~10月7日のおよそ2ヶ月半にもおよびました。
簡単にチョッピリご紹介。

d0004617_18414081.jpg

わたしがカスタマイズした病室(4人部屋)。


d0004617_18415923.jpg

お腹が張っていないかを検査する機械。週に2~3回。
左から、私の心拍・胎児の動き・お腹の張りを表しています。
私は子宮口は開いていて、子宮経間長は殆ど無いものの、何故かお腹の張りだけは出てこないんですよね~。


d0004617_1842923.jpg

来るたびに、ゲーム三昧の長男。


d0004617_18411478.jpg

泣きながら頑張ってる保育園・・・
まだまだ甘えたい盛りなのに、入院しちゃってごめんなさい。


d0004617_18422777.jpg

旦那様が買ってきてくれた病室内用のスリッパはセサミです。-(^-^)g


d0004617_18425556.jpg

毎日暇なので、こんなパズルをやってみたり・・・


d0004617_18423670.jpg

何度も親友が持って来てくれたジャンプ。およそ、2年分は読みました。


d0004617_1843647.jpg

入院が長くなると、無性に食べたい物が発生します。んで、お願いして旦那様が買ってきてくれたモンブラン。


d0004617_18435337.jpg

何故かベットでくつろぐ息子たち・・・これ、看護婦さんに見つかると、怒られるんだよね(^_^;)


d0004617_18434174.jpg

病室の床に転がる次男。


d0004617_18421985.jpg

この歳の誕生日は病院で迎えてしまいました(T_T) 小さなケーキを買ってきてくれてありがとう。


d0004617_18441732.jpg

長男のお見舞い品。箱もチョコも、手作りのきのこの山でした。アリガトー!!


d0004617_18494861.jpg

四人部屋も私一人になったことがあったっけ・・・この部屋の長老だね・・・(T_T)


d0004617_1332570.jpg

土用の丑の日には、院内食にも、ウナギが出ます。
うなぎパイもd(^-^)ネ!


d0004617_1850373.jpg

敬老の日は、お赤飯とおまんじゅうが登場~♪入院中の楽しみは食事だけ。


d0004617_1844685.jpg

お月見にはウサギのゼリーが入ってました
[PR]
by nostalgia0412 | 2009-10-07 18:51 | 妊娠

おばあちゃん

d0004617_128479.jpg

今日、入院中のおばあちゃんが亡くなりました。
93歳でした。
私が入院した次の日ぐらいから、体調を崩し、そのまま・・・でした。

大好きだったおばあちゃん。
まさか、こんな事になるなんて。
もっと・もっと、会いに行けばよかった。

お葬式にも出られない私。
本当に涙が止まらなかった。
[PR]
by nostalgia0412 | 2009-08-05 01:27 | 妊娠

25週2日~突然の入院

d0004617_1253667.jpg

2009年7月24日
数週間前からお腹がムズムズ・・・ウーン、これって張ってるのかなぁ?
掛かり付けの産婦人科へ。
張りを検査する機械で30分・・・特に異常なし。
な~んだ、取り越し苦労かっと、内診室へ。
すると、すると、内診しながら先生が一言・・・
「あっ!子宮口が開いてますね」
「えっ、そうなんですか?」
っと、私も驚いてみる。
んが、事はそれだけでは済まなかったのです。
「6ヶ月未満の出産は、当院では無理なので、大きな病院に行ってもらいます」
「はぁ・・・」
「今から救急車を呼ぶので、そのまま入院になりますから」
「えっ!?(@_@)」
それからは、有無も言わせず、一度も家には戻れず・・・あっという間に腕に点滴(ウテメリン)を付けられ、ストレッチャーに乗せられ救急車へ。
人生初のピーポーピーポーですよ。
病院に着くと、しばらく救急のベットにいて、その後は入院の手続きをしつつ病室へ。


d0004617_1264150.jpg

4人部屋の窓際。
しかも、ベットから起き上がってはダメらしく、トイレもポータブルでベットのすぐ横、お風呂はダメ。
歩くのもダメ。電話もダメ。恐怖ダメダメづくしの入院生活の始まりでした。
[PR]
by nostalgia0412 | 2009-07-24 01:16 | 妊娠

妊娠中のHIV検査について

今回の妊娠は、最後だからでしょうか?色々と考えさせられる妊娠でした。

5月14日・・・妊娠中の辛かったインフルエンザが終焉を迎えた5月の妊婦検診でHIV検査の結果を聞かされました。
あまり気にもとめていなかった事だったのですが、なんと結果は陽性
まったく身に覚えがありません!!もし起こりうるなら、医療ミス??でも、出産以外でオペなんて受けたことないし・・・
予想外の展開に、スッゴクスッゴク驚きました。
ですが、先生や看護婦さんの話によると、一次検査(スクリーニング)で陽性になったことで、即HIV感染を意味するわけではないそうです。
なんと、1000人に、2~3人くらいは「疑陽性」、つまり感染していないのに「陽性」になってしまう。
さらにこのうち95%は、二次検査で陰性であることが判明します。

「殆ど大丈夫ですが、もう一度HIV検査をしましょう」っと言うことになり、前回のスクリーニング(ELISA法)とは別の確認検査(Western blot法)を受けることになりました。
結果は1週間後。
結果が出るまでの1週間は生きた心地がしないと言いますが、本当にそうですね。
不安でエイズの事ばかり考えちゃって、色々勉強もしてしまいました。
気が早いけど、自分が死んだら子供達は?なんて事も考えたり・・・。


5月22日・・・そして運命の1週間後・・・

なんと、二次検査も“陽性”だったのです。
さすがに、ビックリを通り越して絶望しましたね・・・私はエイズなんだって・・・
産科の先生も、多分大丈夫と思いますが、一度大きい病院で診てもらってくださいっと、紹介状をいただきました。

帰り道はボー然としつつ、その足で紹介された総合病院へ向かいました。
こんな時に限って、受付の手違いで感染症管理センター(?)に紹介されたはずが産婦人科に回され、診察までに3時間近く掛かってしまいました。この間・待っている方は生きた心地がしないですよね。

やっと感染症管理センターと言う科に案内されましたが、やはり感染症を扱うと言う事もあり、場所はカモフラージュされていました。
待っている患者さんは、若い人ばかりで、特に綺麗なお姉さんが多いのにビックリでしたが・・・
すぐに診察室に呼ばれ、中に入るとナースが1人とドクター一人だけの、スッゴク小さな部屋で、机が一個だけの何にもない部屋。
緊張しつつ先生の前に座り、早速・診察開始です。

ここで初めて検査結果の書かれた書類を見たのですが、まず私が引っ掛かったのはHIV-2型で(従来のウイルスはHIV-1、新しいHIVはHIV-2)、HIVに感染すると血中に作られると言う十数個の特殊なタンパクのうちの1個が検出されたらしいのです。
でも先生曰く、HIVー2型は西アフリカに多く、アジア・アメリカに非常に少ない。まだ国内では2~3例しか発見されていないとの事。私が、アフリカで輸血したとか、アフリカの人と性的な関係が無い限り、HIV-2とは考えづらい・・・おそらく、何らかの原因で良く似たタンパクを作ってしまい、それが検査に引っ掛かったのではないか・・・と言うことでした。
少し希望の光が見えてはきましたが、とは言うものの、このままでは私自身・怖くて安心して出産にも望めないので、確認検査をすることになりました。
もし本当にHIVならば、感染後3ヶ月以上経過した時点で、今・検出されなかったタンパクや糖タンパクが次々に引っ掛かってくるはずなので、月に1回・2ヶ月間Western blot法で血液検査と蛍光抗体法 (IFA)その他の血液検査も一度受けてみることにしました。
4本ぐらい採血で採られたかなぁ。
もう、呆然としていたから、痛みも感じなかったけど・・・。
先生は凄く事務的に話されていたけど、看護婦さんは私が妊婦だと言うこともあって、診察後にメンタル的な面を随分と心配してくださいました。
本当に、こういうのって大事だよなっと今でも感じました。

7月17日・・・そうこうして3度の検査と診察をこなし、結果的にはすべての検査で同じタンパクだけ引っ掛かり、その他は一つも引っ掛かってきませんでした。
よって、HIVの感染は認められず、無罪放免。
やっと、不安からの解放でしたが、およそ3ヶ月の不安な日々は、本当に胎教に悪かった・・・。
こーゆう誤診が出なくなるようにって、出来ないのかなぁ~。


さてさて、これで私にも平穏な妊娠ライフがやってくるのねっと思った矢先・・・さらなる試練が・・・。

これまた次回アップ予定です。
[PR]
by nostalgia0412 | 2009-07-17 13:29 | 妊娠

三度目の妊娠

d0004617_12303548.jpg

すったもんだの3度目の妊娠です。予定日11月4日。

つわりは3月8日頃。ちょうど“イチゴ狩りの”次の日ぐらいだったかな。
今までの中では一番楽なつわりだったけど、やっぱり辛かったですね。
これがなければ、妊娠も楽なのに・・・(^_^;)\('_') オイオイ...

4月の終わり頃・・・。そう、まさに“新型インフルエンザ”が話題だった頃、私もインフルエンザで苦しんでいました。もちろん新型じゃなくて季節性のだけどね。約3週間ぐらいつづきました。一番ひどかったのは頭痛。本当に痛くて辛かった。もちろん病院に行ったけど、行きつけの産婦人科の先生はかなりの慎重派で薬をなかなか出してもらえなかった。何とか出してもらえても、赤ちゃんが飲むような薬で全然効果無し。すがる思いで近所の内科に行ったけど、ココの先生もかなりの慎重派で薬は一切出してもらえませんでした。辛い思い出です・・・
[PR]
by nostalgia0412 | 2009-05-20 11:38 | 妊娠

分娩後脱毛症


d0004617_20364734.jpg

最近、ビックリするほど髪の毛が抜けます・・・
下を向いているとハラリハラリと髪の毛が落ちてきたり、シャンプーしてると・お岩さんのようにゴッソリ抜けたり・・・

私ってば何か悪い病気にでもかかってる??な~んてマジで悩んでしまいましたが、インターネットで調べてみると、

分娩後脱毛症

っと言う事が判明いたしました。
フ~、良かったよ。
にしても、まだまだ妊娠時の後遺症が出て来るとは…。
妊娠・出産は本当に大変な事だったんだなぁ~っと改めて思いました。

さてさて、この“分娩後脱毛症”原因は

妊娠後期にはエストロゲンなどの女性ホルモンの分泌が増加するため、ヘアサイクルの成長期が長くなり、抜け毛が減少します。しかし、出産が終わると女性ホルモンのバランスが元通りになるため、成長期を維持してきた髪が一気に休止期に入り、抜け毛が増加します。

っと言う事らしいです。
脱毛は産後2ヶ月くらいから始まり、産後6ヶ月くらいまで続きますが、通常1年以内には元に戻るらしいです。

ただし、高齢出産などで体力の回復が遅い場合は自然回復しにくいと言われています。
また、産後のストレスなどが重なると完治しないこともあるようです。
暫くは様子見で、1年たっても治らなかったら病院に行ったほうが良いようですね…。
[PR]
by nostalgia0412 | 2007-08-02 20:18 | 妊娠

ご報告

5月8日17:42に第二子を無事に出産いたしました~…
そ茶&旦那に超~~~ソックリな、3050gの男の子です。
今の所、母子共に健康です。
応援してくださった皆さん、本当にアリガトウございました。

今回の出産は、本当に体力との勝負と言う感じで、産み終わった直後から放心状態のお抹茶でした(;´▽`A`` やっぱり高齢出産は大変ですね。

とりあえず、1ヶ月ぐらいは実家にお世話になっているので、詳しい事は又・後日。
とりあえず、ご報告までに…。
[PR]
by nostalgia0412 | 2007-05-19 12:57 | 妊娠

いよいよ??

昨晩から陣痛かな??っていう子宮の収縮を感じていたので、今朝・病院に行ってきました。
しか~し、病院に着く頃には陣痛に逃げられて、ダメダメじゃん(T^T)

一応・診察もしてもらったら、やっぱりギリギリまで赤ちゃんは下がっているとの事…このまま本陣痛に入ると、病院に着く前に、あっと言う間に産まれちゃう危険性もありそうって事で、思い切って陣痛促進剤をうつ事になりました。
一応・午後から始めるので、一時帰宅中。
息子の実家にお泊り準備やら・お風呂やら・洗濯やら一通り済ませて参りました。あとはお昼ご飯を食べて病院に行ってまいります。少し緊張気味のお抹茶でした。緊張してきたら、またお腹が痛くなってきたよ…(キ▼д▼;)トホホ・・
[PR]
by nostalgia0412 | 2007-05-08 11:54 | 妊娠

まだ産まれてません(汗)

d0004617_21354772.jpg

川 ̄ι ̄川フフフ 皆さんお元気ですか!?
先週の水曜日にお医者さんから「2~3日で産まれるでしょう」っと宣告されてから、早4日…まだまだ陣痛の気配すらありません…(-_-;) でも、超~~~便秘だったお抹茶なのに、ここに来て何故か毎日・下痢P-で苦しんでます。何か出産と因果関係があるのかなぁ??インターネットで調べてみたけれどヨク分からないし…


あっ、写真は4日前の私のお腹…大きいでしょ!?
久し振りに私に会った人は、みんなビックリするから大きいんだろうなぁ~。
(多分、100㎝は超えてます…(^^;))
手足のむくみもカナリ酷くなってきてパンパン!!

でも、お腹の子供は標準サイズのド真ん中なので、赤ちゃん的には問題ないらしいです。
問題なのは私の体か…
正直、く…苦しいです…ウググ…
[PR]
by nostalgia0412 | 2007-05-06 21:00 | 妊娠

10ヶ月検診

d0004617_15442553.jpg

10ヶ月検診に行ってまいりました~。
いきなりエコーで技師さんに「赤ちゃんが下がり過ぎてて頭の輪切りが撮れな~い!!」と言われてしまった。こりゃ~、出産近いかな??っと思ったら、ドクターの診察で「うわぁっ!!子宮口が5~6㎝開いてるよぉ~!!」っと言われてしまった。ますますデッドゾーンですな。まだ36週で正期産に入ってないのに…(^^;;

そんな訳で、突然ブログの更新が止まったら、Xデーが来たと思ってください。
5年振りの出産、ちょっと緊張するなぁ~。
[PR]
by nostalgia0412 | 2007-05-02 15:52 | 妊娠