愛してるよカズ~小児がん・命の記録~

長崎市に暮らす光武聡一郎さん(33)、綾(りょう)さん(32)夫婦の長男、 上総(かずさ)君(7)は2歳の時に小児がん(悪性腫瘍)を発症。
2006年1月、「余命2ヵ月」と知ったとき、両親は息子にたくさん楽しいことをさせてやろうと決心し、かけがえのない時間を全力で生きてきた。12月9日、上総くんが亡くなった。驚いたことに上総くんの葬儀の日、綾さんは新たな命を産み落とした。息子を失った母親が、その悲しみの真っただ中で、新たな命を生み出す壮絶な体験。 精一杯生きた闘病生活、上総くんの死、新たな命の誕生。 両親はそのすべての取材を許してくれた。映像から伝わる圧倒的な命のリアリティーには言葉を失う。 いじめによる自殺を始め、いま「命」をどう伝えていくかが問われている。人間いつかは必ず死ぬ。しかし、「死」があるからこそ人の命は輝く。 この稀有なドキュメンタリーを通して「命」そのものを感じて欲しい。


つい先程、見終わりました。

余命2ヶ月と宣告された上総くん。
クレヨンしんちゃんが大好きで、明るくて天真爛漫。
笑顔がトッテモ可愛い男の子・・・
同じクレヨンしんちゃん好きだからかもしれませんが、喋る言葉や仕草なんかがそ茶に似ていました。
あんなに可愛い子なのに、あんなイイ子なのに何故?

でも、だからこそ、凄く凄く輝いて見えました。
上総くんも、お母さんも、お父さんも・・・
1日1日を力いっぱい生きていました。

毎日毎日が普通に過ぎていく事が当たり前だと思っていた、日々の大切さを痛感させられました。。



最期にお母さんが昏睡状態の上総くんの耳元で

「愛してるよ・・・」

っと言うと、もうろうとした意識の中で上総くんが

「おれも・・・」

っと言ったシーンは何とも言えず胸が苦しくなって・・・
番組が終わっても、涙が次から次に出て来て、手の震えが止まりませんでした。



今・たまらなく、そ茶に会いたいなぁ~。
私も時々「大好きだよ」って、そ茶に言うけど、今日から毎日言おうかな。
毎日・イッパイ抱きしめて、イッパイ愛してあげたいな。
[PR]
by nostalgia0412 | 2007-10-10 12:28 | ある出来事…